So-net無料ブログ作成
検索選択

よろしければ、こちらもご覧ください。
アラフォー・フリーターの脱・競争人生
半農半活動公式ブログ
コメントいただければ、かならずお返事いたします(^^)
ネット環境のない場所を放浪していたりで、お返事に2~3日かかることもあります<(_ _)>

【ばたおとだめお】第12回 左翼の振る舞い [ばたおとだめお]


私なりのメモ
昨年夏に話題になった、アルピニストの野口健氏がツイッターで紹介した、韓国を訪れた際に受けたという「日本人差別」のエピソードについて、わたし(hnhk=だめお)とばたおさんで議論
 野口健、韓国のタクシーで受けた「日本人差別」を告白 「日本人旅行者が減るのも無理はない」
 韓国での「日本人差別」10年ほど前だった 「あの時そうなら、もっと酷いのでは」 アルピニストの野口健さんに聞く

日本が戦前戦後通じて韓国・朝鮮・中国に対して行ってきた侵略(軍事的経済的)や敵対、そしてきわめて不十分な戦後補償等に鑑みれば、これらの国に暮らす人たちが反感を持っても当然。
日本国中焼け野原にされ民間人を大量虐殺されても、アメリカの戦争犯罪を不問に付し、沖縄を提供し続けることに何ら抵抗を感じないメンタリティーを持っている人達には理解不能だと思うが…

ネトウヨは日本にも韓国・中国にもいるが、加害国のネトウヨと被害国のネトウヨでは置かれている立場が違う。非対称であることに留意。被害国のそれは、従属的立場からの脱却を目指すナショナリズムの側面も持つ。

今回の野口氏の発言についてヘイトスピーチ反対の立場の人から非難があるという。
批判の切り口としては、野口氏のツイートの内容は真実だが、現状の政治的文脈では取り上げないほうが良いというもの、又は内容自体が虚偽であるとする二種類があるようだ。ただ、後者に関しては、被害者の完全無誤謬性を強調したいがために、真実から目をそらしている可能性があるだろう。

貧乏なネトウヨに対する一部左翼の嘲笑について
ネトウヨを打ち負かすために、世間一般の貧乏人に対する差別感情に乗っかった言論である可能性が高い。
一方で金持ちのネトウヨに対しては、別の基準(格差の元凶等)で批判することも考えられる。
個人の思想・行動ではなく、人種・出身・貧富等の個人の属性でもって批判するやり方は、まさしくネトウヨと同手法

第三者に対する説得的言論について
差別問題に関しては、差別主義者と反差別主義者間の論争の勝敗よりも、既存の差別感に依拠した主張の方が、第三者には説得的なのか?

共産党と社民党は、政策は良質なのに、なぜ支持が伸びないのか?
ズバリ、両党のマジ度が低いのを大衆に見透かされているから
戦後直後の共産党が支持を集めたのは、戦前の非合法活動の"実績"によってマジ度高と思われたからではないか?

では、現在はどのようにマジ度を証明できるのか?
例えば、格差是正を喧伝するのなら、議員歳費のうち自分の取り分は200万円で、超過分は全てカンパするとか。
お金に関連して言えば、共産党が政党助成金を受け取っていないのは、マジ度を感じる。
小渕優子氏を当選させるような封建農民には評価されないだろうが…

曽野綾子氏は、女性差別や対米従属等同意できない点も多いが、考え抜かれた思想であることは疑いない。それに比して、左翼やリベラルの一部は、何も考えていない連中もいる。

思想的葛藤もなく左翼やリベラルになった人よりも、思想に立脚し首尾一貫した言動の保守の方が信用できるし、特定課題では組めるのでは。

左翼の復権にはマジ度の強化が不可欠。例えば、自らの誤りを批判に真摯な態度で望む等
共産党に関して言えば、戦後補償や在日朝鮮人問題、原発問題に敵対したり無視してきた誤りを認めないといけない。
にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。