So-net無料ブログ作成
検索選択

よろしければ、こちらもご覧ください。
アラフォー・フリーターの脱・競争人生
半農半活動公式ブログ
コメントいただければ、かならずお返事いたします(^^)
ネット環境のない場所を放浪していたりで、お返事に2~3日かかることもあります<(_ _)>

【ばたおとだめお】第6回 生活保護(4/4)―統合モデルへ [ばたおとだめお]



生活保護受給者で求職活動等もしない場合に、ボランティアを強制すべきか否かで、ばたおさんがツイッターで炎上したらしい。
この命題について
人権モデルの立場なら、生活保護受給は権利なのでやらせるべきでない。
適正化モデルなら、やらせるべき。
リバタリアンなら、効果が期待できないのでやらせるべきでなく、労働市場に復帰するためのスキルを獲得すべきでそのためなら財政出動もあり。
ということになりそう。

これについて統合モデルなら、どういう答えを出せるのか?
適当に話しています。

ここまで第1回から通算して2時間近く話しましたが、わたしもばたおさんも原則、生活保護制度は整えられるべきという立場は首尾一貫しているつもりです。

ただ、私たちは、たとえ生活が困窮しても、生活保護受給は避けるつもりです。
※避ける理由は私とばたおさんとでは、大きく異なります。

関連記事
気晴らし読書『いのち くらし 生活保護Q&A50+1』『プチ生活保護のススメ 申請書付/改訂版』
にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ばたおとだめお】第6回 生活保護(2/4)――子供の貧困 [ばたおとだめお]


前回に続いて、ばたおさんと生活保護について雑談 
適当に話しているので、誤り等についてはコメントでご教授いただければありがたいです。

雑談中の補足事項です。
「負の所得税」…アメリカの
勤労所得税額控除のことか?
「母子加算」…2009年に全面廃止されるも同年中に復活(完全復活は翌年)。なお、老齢加算は2006年に廃止
「世帯」…生活保護は世帯単位の適用。私とばたさおんはシェアハウスに暮らしているので、「私+ばたおさん」の世帯で検討される可能性があるようです。
生活保護費と受刑者の収容費用の比較については「
日本では受刑者一人あたりの収容費用は年間約300万円」という資料がありました(参考まで)。

なお私が一人暮らしをしていたときの生活水準については以前書いた記事がありますので、ご参照ください。
2012予算案公開します。  

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
タグ:生活保護
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ばたおとだめお】第6回 生活保護(1/4)―適正化モデルと人権モデル― [ばたおとだめお]


生活保護についてばたおさんと雑談しました。
適当にしゃべっていたら、2時間も経ってしまったので、4分割してアップします。
4回とも聞いてくれる人は果たしているのか…

ちなみに、私自身は、生活保護で定められている最低生活費未満の収入で暮らしています。
ただし、貯蓄もあったり、ある程度健康で今より労働時間を増やすことも可能なので、生活保護を受給できる状態ではありません。

私自身は、できるだけ、欲望を最小限化し自分の食い扶持ぐらいは稼ぐことで、生活保護を受給しなくても済むようにしたいと考えています。

何故かというと、私のように頑張ればなんとかなる者が受給すると、様々なハンディキャップのために働きたくても働けない、働けてもハンデのために長時間労働をせざるを得ない、働く意欲自体を持つことが困難な人達に支給するための財源を圧迫することになるからです。
「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するという理念は大賛成ですが、国債・地方債合計が1000兆円を超える状況下では、困窮度の深刻な人を優先すべきと思うからです。

共産主義の理念である「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」とは、
皆が節度をもって受け取り、能力に応じて(自分の必要分以上に)働くことで、ハンデのある人達が権利として必要分を受け取る社会のこと。
この理念からして、私の場合は、生活保護を受給しないようにするのは当然のこと。
また、同理念から私自身は、自助>共助>公助という考え方です。

※健康な人とハンデのある人とでは、自助に費やす労力は異なります。
具体的には、
健康な人が6時間で自分の食い扶持を稼ぐことができ
同じことをするのに、ハンデのある人が8時間かかるなら
健康な人は8時間働いて余剰をハンデのある人に融通し、
ハンデのある人は6時間働けばよいということ。
しかも、これが権利というより、習慣化している状態
※労働強度×時間=労働量とするなら、これを平準化することは実質的平等には不可欠だと思う。

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。